ニードル脱毛とはどんな脱毛?

現在永久性が確認されている脱毛方法がニードル脱毛です。永久脱毛とは、脱毛終了から1か月後の毛の再生率が20%以下の脱毛方法をいいます。ニードル脱毛はこれに当てはまり、ツルツルな状態が維持されます。

 

ニードル脱毛とは電気針を使用した脱毛方法のことです。毛穴に針を刺して電気を流し、毛乳頭を焼き切って処理をします。毛乳頭は細胞分裂を行う毛母細胞に栄養を送っている部位で、この部位の働きをなくすことで栄養供給が絶たれ、毛が生えなくなります。毛の色や肌の色に関係なく脱毛できます。

 

針を毛穴の一つ一つに刺すので時間がかかりますが、確実に一本一本の毛を処理できます。毛穴の一つ一つに針を刺すため高い技術が必要で、ニードル脱毛を行うには資格が必要です。脱毛サロンなどでは技術者が施術を行います。

 

電気針を使用するので、脱毛には非常に強い痛みが伴います。そのためあまり人気がなく、レーザー脱毛や光脱毛が主流になっています。光脱毛には永久性がありませんが、レーザー脱毛は毛の再生率が低いです。

 

痛みが少ない絶縁針も開発されています。絶縁針は通電時間が短いため痛みを感じにくいです。医療機関であれば麻酔を使って痛みを軽減することができます。